スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ワンワン情報ステーション vol.4

今日の『ワンワン情報ステーション』は、いつもの『DJ Rossy』では無く、『Rossy教授』がお送りします。 エッヘン!

偉そう・・・に!

今日は、少し難しいお話しをしますので、よ~く聞いて下さい。

だから・・・偉そうすぎるしぃ・・・。

ここは重要なポイントなので、必ずテストに出ます!

テ・テ・テストって、何のテストやねん?

今日は僕達のトラブルに関しての日本の法律の事について、お話ししましょう。

110517_1706~01


↑ ↑ ↑ 最近暑いので、海に浸かってないと倒れてしまうゾ。 
Rossy、お忙しそうですが、何をされてるのでしょうか?

まずは、ケース 1は、『よその犬にケガをさせちゃった。 法的にはどんな責任がある?』
余談ですが、僕は小さい時に1度頭を咬まれた事があります。 相手の犬種は世界で1番大きいといわれている犬種『アイリッシュウルフハウンド』です。 僕達は『キャン』って鳴けば、負けを認めてしまう事になるから、僕も流血しながらも鳴かなかったゼ! ・・・勿論獣医さんには行ったケド・・・って本題に戻ろう!

この場合は偶然の事故でも、咬んだ側の責任。 相手を獣医さんに連れて行くとか、出来る限りの事はしよう! 法律では、ワンズがした事=飼い主の責任。損害賠償の可能性もあるんだ。

次は、ケース 2 『医療ミスでワンコが死んでしまった時、出来ることは?』 ラッキーだけど、僕の周りには今の所、これは無いなぁ・・・。 万が一、こんな時はまず、獣医さんに説明を求め、本当に医療ミスなのか、どうか見極めよう!  獣医さんが一生懸命してもダメな時もあるもんね。 獣医さんの説明で納得出来なければ、法的手段とゆう選択もあるよ。 でも、その場合、獣医さんの過失を飼い主が証明しないといけない事もあるんだ。 基本獣医さんは治療とか手術とかのリスクとかの説明をしなければいけない義務とか、色々義務があるだ。 そうゆう義務を果たしていたのかとか確認する為に他の獣医さんに相談するのも良いかもしれないね。

110517_1706~02


↑ ↑ ↑ 母ちゃん、静かにしてよ! 僕は今忙しいんだよ! これは僕の仕事なんだ!

・・・で、次は、ケース 3 『悪戯してきた子供を咬んでしまった。 どう対処すればいい?』 以前こんな事件があったみたいなんだ。 僕の周りでは無いケド・・・母ちゃんは人間が100%悪いと思ってるし、もし咬んだ相手が子供なら、完全に親が子供を見てなかったから悪いんじゃぁないのぉ? って言ってたケド・・・。 しかし、これは簡単に悪戯出来る場所にワンコを置いていた飼い主の責任。 僕達ワンズにケガをさせた場合と違い、相手が人間の場合は賠償責任と賠償額が高くなるんだって! なんでだろう・・・? 僕達だって何もしなければ、咬んだりしないし、悪戯された僕達には何も無いのかなぁ・・・損だよな!


110517_1707~01



↑ ↑ ↑ 何か探し物ですか? 別に何も無いよ。 海の中に何かあるかなぁって思っただけだよ。 宝物だったら嬉しいなぁ・・・。 でも、今日は何も無いなぁ・・・⤵
今日は・・・って、今日・・も・・・でしょ?

以上 Rossy教授の日本の法律でした。 これも雑誌『RETRIEVER』よりピックアップしました。


スポンサーサイト
2011-05-31(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

Rossy教授、こんにちは~☆Rossyくんは子犬の頃にかまれたことがあったんですね!ドッグランできいていると、男の子はかまれたことがある子が多い気がします。男同士だとやたら攻撃的になる子がいるみたいで、穏やかな男子も敵対視されるとか言いますが、トラウマにならなくてよかったですよね・・・
3)ですが、先週NYのあまり治安がよくない地域で、母親が犬と子供を置き去りにした間に、犬(闘犬系)が子供をかみ殺したという事件が報道されていました。犬と子供だけで置き去りにする母親の責任だと思いますが、やっぱり犬が悪いという話になっています。亡くなった子供は一番かわいそうだし、犬オーナーの責任を考えさせられる報道でした。

(このコメントをかいている間もごはんタイムが近いのでココが周りをうろうろ&くれくれメヂカラ光線発射中・・・w)
2011-06-01 06:16 | Kiki in NY | URL   [ 編集 ]

KiKiさんへ

いつもコメント有難うございます。 そうなんですか・・・やはりどこでも、そうゆう事はあるのですよね。 ランでだと、他の方達も気分悪くなるし、イヤですよね? CoCoちゃんもトバッチリだけは気を付けて下さいね。 Rossyも通り過ぎただけだったのです。 いきなりでした。 Rossyは喧嘩はしないので、大事にはならなかったし、トラウマにも成らなかったですが、確かに、それでトラウマになるコは結構居ますよね? 可愛そうです。
えーーーっ! そんな事件があったのですか? それも最近ですよね?  最悪な事件ですよね? 本当に子どもが1番可愛そうですよね。 1番悪いのは母親ですよね? なのにワンコが悪いとなるわけですよね? 間違ってる! でも、それは悲惨な事件ですよね。本当です、命を守るとか育てるとゆう事は責任重大ですよね。
ってゆうか・・・CoCoちゃん、ごめんなさ~い。 そりゃぁ・・・目力ビームもMAXですよね? ご飯まだなんて・・・アリエナイ話ですよね? 早く貰ってね! お利口さんだよねぇ♪

2011-06-01 13:39 | Rossy mom | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Rossy mom

Author:Rossy mom
2001年9月9日生まれ。♂兵庫県淡路島で生まれました。性格はノンビリマイペース型。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。