スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

動物愛護団体への疑問

Rossy、Rossy~♪


なんだよぉ・・・

DSCN0118.jpg


Rossy~♪


だから、何だよ? どうせ何も用事無いくせに呼ぶんだゼ! 

DSCN0119.jpg


ほらね・・・何も用事無かったよ。

ずーーーっと前に母ちゃんが実話でこんな話があったって言ってたっけ・・・ある女子大生の子が歩いている時に土手にうずくまってる黒ラブ君を発見したんだって、辺りを見回しても、飼い主さんらしき人は居なかったんだって、でも、その黒ラブ君愛想よかったし、もともと犬の大好きな子だったから、迷わずその黒ラブ君に近寄っていったんだって、その時にどうもその黒ラブ君の様子がおかしかったらしいんだ。 その黒ラブ君は下半身がマヒしているのか動かなかったらしいんだ。 勿論その子はだっこして獣医さんまで運んだらしいんだ。 そして獣医さんの検査の結果・・・『この子は二度と立てないし、歩けません。』と言われたらしいんだ。 でも、その女子大生はその時『絶対に治してあげるからね。 立てないとか歩けないなんて言わせない。』と引き取る事にしたんだ。 勿論飼い主さんは探したらしいんだけど、(警察とかにも電話したり)結局居ないみたいだったんだって。 その女子大生はそれから献身な介護を必死にしたんだ。 リハビリとかマッサージとか、彼氏とかにも手伝ってもらって学校から即帰って来て、毎日毎日頑張ったんだ。 そしたらね。 奇跡は起こったんだゼ! それから半年間ほどした時、その黒ラブ君はいきなり立ったんだ。 ふらふらしながらだったけど、それでも必死に立ってたんだよ。勿論長くは立てなくてすぐにこけちゃうんだけどね。 女子大生とその子の彼氏は飛び上がって喜んだんだよ。 そしてそれから益々リハビリとマッサージを頑張って続けたんだ。 何とその黒ラブ君は立つ事は勿論、よろよろしながらでも歩ける様にまでなったんだ。 少し足は引きずるけど、少しなら走ったりも出来るまでなったんだ。 当然女子大生とその子の彼氏は大喜びだったんだ。 そんな時・・・元々の飼い主が現れたんだよ。 その飼い主が本当かどうかは、その黒ラブ君の態度ですぐにわかったらしいんだ。 その黒ラブ君はその元々の飼い主を見るや否や、足を引きずりながら、飛んで行ったらしいんだ。 その元々の飼い主は御夫婦で来られてて、ずーーーっと、その黒ラブ君を探し回っていたらしいんだ。 でも、全然手がかりも無く、諦めかけていた時に知り合いからここに居ると聞いて、やって来たらしいんだ。 勿論その御夫婦は出来るなら返して欲しいと言ったんだ。 でも、その女子大生は『嫌です!』とはっきり断ったんだ。 当たり前だよね。 で、その御夫婦もすごく良い方達で、その女子大生が今までしてくれた事なんかを聞いて、『そんなに思って頂けてるなら』と言ってその日は帰ったんだ。 その夜・・・その女子大生のお父様がその娘に『おまえの気持ちはよくわかる、しかし今一番大事なのは、黒ラブ君の気持ちだと思うんだ。元々の飼い主さんに会えた時、あんなに喜んでいただろう? よーーーく考えなさい』と言ったんだ。 そしてその女子大生が出した結論は・・・元の飼い主に帰そう!そして、黒ラブ君は帰っていったらしいんだ。 勿論時々遊びに来るみたいだけどね。 みんな辛い話だよね。

阪神大震災の時も母ちゃんは震災後ずーーーっと後から聞いた話だったみたいなんだけど、あの被災している間、ワンズは保護団体の方達によって被災地の神社の片隅にスペースを借りて、そこに一匹づつゲージに入れられ保護されてたらしいんだ。 50匹くらいいたらしいんだ。 でも、被災地で保護出来たから良かったよね。 母ちゃんはたまたまその時はワンコを飼ってなかったから良かったみたいだったけどね。 その保護されていたワンズの内半分少しは元の飼い主が引き取りに来たらしいんだ。 そして後のワンズは里親を探して、結局全てのワンズが助かったらしいんだ。

DSCN0120.jpg


今回の地震では、そこでの保護ってのは当然無理だっただろうし、色んな団体の方々が一生懸命に僕たちの仲間を保護して、懸命な努力で安全な場所まで避難させて、母ちゃんが頭の下がる思いだって言ってたよ。 僕の近くのNPO法人の団体さんも他の団体さんからのリレーで50匹くらい受け入れたらしいけど、そこまでは良いと思ったんだけど・・・その後。

(里親探し)をしたんだよなぁ・・・? 僕はこれには疑問が残るんだよ。 まず、その50匹のワンズ、本当に飼い主さんは居なかったの? もしくは、飼い主さんの許可を貰っているの? 今はまだまだ被災地の方達は余裕が無いと思うけど、もしかしたら、探してたりしたら? とか思うなぁ・・・? 僕はわからないけど、↑の話の様に辛い事にならない様に・・・。


・・・で、Rossyはもし二人の飼い主さんが現れたら、どっちに行く? 元々の飼い主さん? それとも新しい飼い主さん?

勿論、オヤツイーーーーーッパイくれる方に決まってるやん!

スポンサーサイト
2011-03-28(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

ドイツの もに香です。
黒ラブの話は 姉が送ってくれたテレビ録画(DVD)で見ました。
保護して希望を捨てず リハビリを続けた女子大生さんの努力に感動しました。
元の飼い主さんを責める事は出来ませんが、犬の身元がちゃんと解るようにするべきだと つくづく思いました。
2011-03-29 05:25 | もに香 | URL   [ 編集 ]

歩けなかった黒ラブの話、感動的ですね~!女子大生の方がすごく偉い!!また歩けると信じて、一生懸命リハビリにつき合ってくれた人のことは、元々の飼い主さんのところに戻ってもきっと大切に思ってくれていると思います。(が、切ない!!!)元の飼い主さんも、一旦は自分たちがひいてくれたなんていい人ですよね。いっぱい愛されている黒ラブくんですね。
でも同じ飼い主としては、自分が同じ状況になったら?と考えてしまいました。(汗)※やっぱりおやつは重要ポイント?

動物は言葉が話せないので、こういったケースもありますが、被災地で救助されたワンズたちはなるべく元の飼い主さんのところに戻れるといいですよね・・・元の飼い主さんがどうしても見つからない場合は、里親探しが必要だと思いますが。いずれにしても、せっかく助かった命なので、幸せに生きて欲しいです。
2011-03-29 11:00 | Kiki in NY | URL   [ 編集 ]

もに香さんへ

遊びに来て頂き and コメント有難うございます。大変嬉しいです。

同じ番組を見て頂いてたのですね。 良かったです。私の記憶違いは無かったでしょうか? うる覚えなのですが、あらすじ的には合ってると思うのです。

そうですよね。 誰も責めれないのですよね。 辛い思いをするのはワンズかもしれないし、ミンナ幸せで居て欲しいです。

だらだらと日常の事などを書いています。 何か変な事とかあれば、是非ご遠慮無く御指摘下さい。 とにかくPC音痴で、それに写真がド素人なもので、皆様の様な綺麗なブログでは、無いのですが、良ければよろしくお願いします。
2011-03-30 13:19 | Rossy mom | URL   [ 編集 ]

KiKiさんへ

コメント有難うございます。

そうですよね。 この黒ラブ君は大変恵まれていると思いました。 女子大生の決して諦めない行動にはアッパレですよね。 私ももうRossyもシニア組なので、頑張らないといけなくなったら、諦めずに頑張ります。

KiKiさんは優しいですよね。 自分がなったら・・・? そうですよね。 でも、CoCoちゃんは大丈夫です。 パパとママが大好き!  Rossyはオヤツで釣られるタイプなので、きっと美味しい物が一杯ある方へ行くと思います。 悲しいです。 

本当にKiKiさんと同じ気持ちです。 言葉が話せないし、助かった命。大切にして欲しいのです。 私が疑問に思ったのは、あの短時間とゆうか地震後一週間くらいの間で、50匹くらいのワンズの飼い主さんを探したとは、とてもとてもあの状況では無理だと思うのです。 それに里親さん達には『一生面倒見て頂ける方』って・・・? 万が一元の飼い主さんが現れたら? って疑問の答えを教えて欲しいのです。
2011-03-30 13:32 | Rossy mom | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Rossy mom

Author:Rossy mom
2001年9月9日生まれ。♂兵庫県淡路島で生まれました。性格はノンビリマイペース型。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。